トップページ > 展示事業部

展示事業部系外惑星を伝える

業務内容 目次

展示事業について目的と役割

本事業では「系外惑星を伝える」ことを第一のスローガンとして掲げ、展示事業を開設しました。系外惑星が最初に発見されて以来、20年ほどの年月が経ちましたが、研究はどんどん進み、且つ系外惑星天文学は最もエキサイティングできる学問分野の一つです。
この展示事業では将来、展示スペースを設け、系外惑星を表現した模型を用いて実際の系を再現し伝達することを目指しております。
来客された方に系外惑星への理解を促し、興味を持って頂けるような空間と印象を提供したいと考えております。
画像は事業所内で行っている展示用系外惑星模型の撮影の様子です。現時点ではホームページを通じてのみの公開となりますが展示照明の技術について、実践しながら勉強し写真のテクニックを習得する努力をしています。将来に向けて展示事業をご期待下さい。 事業案内

  • 系外惑星の伝達
  • 系外惑星への興味・理解を促す

>>IEAM 展示館入口<<
IEAM's Exhibition Pavilion

ページトップへ戻る
Copyright(C) 高機能HTMLテンプレート no.001 All Rights Reserved.